良品交換されたWDハードディスクが戻ってきた!

先日エントリー記事としてアップした「WDハードディスクの交換手続きをする!」の続きです。

先週、故障したWestern Digitalの2TBハードディスク(WD20EZRZ)を良品交換のため発送し、Western Digitalのサポートセンターとのやりとりの中では、2週間半~4週間ほど良品ハードディスクが到着するまで掛かるとのことでした。

海外に故障品を送ってそこから代替品(良品)が発送されると言うことで、のんびり待つことにしたのですが、しかし、予想外にも1週間程度(正確には9日間)で戻ってきました(@_@)

良品交換されたWDハードディスクが戻ってきた!

伝票を見ると、確かに海外から発送されているようで、FedEx → セイノースーパーエクスプレス → 自宅経由で届けられていました。

開封してみたところ何故かDELLの輸送箱に梱包されていました。

良品交換されたWDハードディスクが戻ってきた!

どうやらDELLの拠点でWestern Digital製品の交換対応を行っているようですね(・・)(。。)

良品交換されたハードディスクを確認すると、購入したときと同じ袋に入っており、シリアル番号を確認するとこちらから送ったシリアル番号とは違うものになっていました(当たり前)。

良品交換されたWDハードディスクが戻ってきた!

と言うことで、現在我が家の3台有る自作PCのハードディスクは間に合っている状況なので、このWestern Digitalの2TBハードディスクは予備として保管しておくか、データ保存用のバックアップ用として活用していきたいと思います。

今回Western Digitalのハードディスクが故障したため修理(良品交換)に出した訳ですが、ハードディスクが故障したことはともかく、その後の対応がスムーズに進み、思ったよりも早く良品のハードディスクが手元に戻ってきたWestern Digitalの対応は非常に好感が持てました。

保証期間も長いので今後もWestern Digitalのハードディスクを購入していくことでしょう( ^o^)ノ