【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

シェアする

我が家のふすま

我が家には、部屋(リビング)と部屋(畳部屋)の間の仕切りとして「ふすま」があるのですが、このふすまを開閉する時にかなりガタつくようになってきました。

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

このふすまの上(2階)は丁度ベッドルームなので、ふすまを開閉する度に響いてしまって睡眠を妨げてしまいます(´・_・`)

ガタつきの原因を探るために、ふすまを外そうとしたのですが、これがレールから外れなくて諦めていました。

今回改めて挑戦したところ、ふすまが外れてくれました( ^o^)ノ

我が家のふすまの戸車

ふすまの戸車を確認してみると、予想通り戸車の車輪が摩耗してボロボロになっていました( ̄。 ̄;)

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

これだとスムーズに開閉することが出来ないのは当然です。

そこで、この戸車を交換することにしました。

しかし、ここで戸車を外してしまうと戸車が調達するまでふすまを外した状態にしておかないといけないので、取りあえずふすまに戸車が付いている状態で、戸車の寸法を測ってみました。

戸車の寸法は、長さ69mm、幅14mmで、車輪径は摩耗しているため24mm以上となります。また、車輪は平型であること。

メーカーは、ヨコヅナと記載されていました。

戸車を探す!

この条件からネットで、同じような戸車を探すことに。

その結果、モノタロウのサイトで戸車の寸法が詳細に記載されており、ほぼ同じと思われる戸車を見つけることができました。

その戸車は「ヨコヅナ LP戸車プラス 平型」になります。

気になる点としては、車輪径が30mmとなっているのですが、我が家のふすまの戸車の車輪が摩耗して30mmから24mmになったのかと(・・)(。。)

あと車輪のカラーが何故かブルーなんですよね(^^ゞ

と言う事で、価格も1個98円と安いので、ダメ元でこの「ヨコヅナ LP戸車プラス 平型」を6個購入することにしました。

その他にも、モノタロウで欲しいものが有ったので送料無料になる条件のトータル3,000円以上になるようにして注文完了です!

ヨコヅナ LP戸車プラス 平型 入手!

モノタロウから注文した商品が届きました。

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

購入した戸車はこの「ヨコヅナ LP戸車プラス 平型」6個です。

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

こうしてみると車輪の色以外は全く同じです。

戸車を取り外す!

GW中に戸車が届いたので、時間が有るGW中に交換することにしました(・∀・)ノ

戸車は釘で固定されています。

この釘を外すのがちょっと厄介ですね。

金槌とマイナスドライバーを使って、戸車のスキマにマイナスドライバーを入れ込んで、戸車を浮かせます。

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

戸車が浮き上がれば、後は釘抜きとペンチで釘を抜き取ります。

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

取り外した戸車がコレです( ̄ロ ̄;)

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

ヨコヅナ LP戸車プラス 平型 取付け

次に取り外した釘と同じような釘を調達してきます。

自分の場合は、近くのホームセンターで同じような釘を購入してきました。

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

モノタロウで購入した「ヨコヅナ LP戸車プラス 平型」を、ホームセンターで購入した釘を使って固定します。

ふすまの1枚に戸車が2個付いているので、2個の戸車を交換して完了です。

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

改めて、ふすまを元に戻します。

しかし、ここで問題が発生してしまいました!

なんと、ふすまがレールに入ってくれません( ̄□ ̄;)!!

原因としては、戸車の車輪が下に出っ張りすぎているためレールに載ってくれないことが原因です。

そこでもう一度戸車を取り外し、戸車を取り付ける部分(ふすま側)を彫刻刀で削って、戸車の車輪が少し引っ込むようにしました。

改めてふすまを元に戻すと、今度は無事レールに載ってくれました( ^o^)ノ

残りのふすま戸の戸車も同様に交換してすべて完了です。

やはり戸車を交換しただけでは、ふすまがレールに載ってくれないため、彫刻刀で戸車の固定部分を削って調整することで、ふすまが元に戻すことができました。

今回戸車を交換した事で、指1本で軽く開閉するようになりました( ^o^)ノ

これでストレス無くふすまを開閉することができます!( ・`ー・´) + キリッ

今回戸車を交換する際に使用した道具

なお、今回戸車を交換するために使った道具は下記の通りです。

【DIY】ふすまの戸車を交換してガタつきを解消する!

  • トンカチ
  • 彫刻刀(のようなもの)
  • ペンチ
  • マイナスドライバー
  • 釘抜き(3徳釘抜)

交換する新しい戸車と、上記のような道具さえ有れば比較的簡単に交換することができます。