RMS保証制度で良品ハードディスクに交換されて戻ってきた!

シェアする

RMS保証制度で良品ハードディスクに交換されて戻ってきた!

エントリー記事「RMS保証制度を使い故障したWDハードディスクを良品交換に出す!」からの続きです(・∀・)ノ

RMS保証制度を利用して発送したハードディスクが、良品のハードディスクに交換されて戻ってきました。

RMS保証制度で良品ハードディスクに交換されて戻ってきた!

RMS保証制度で良品ハードディスクに交換されて戻ってきた!

RMS保証制度で良品ハードディスクに交換されて戻ってきた!

交換された良品ハードディスクについて

故障したハードディスクを発送して約1週間で良品のハードディスクに交換された戻ってきたので、思ったよりも早く手元に戻ってきた印象です。

ちょうど、ハードディスクの代替処理保留中のセクタ数増加関連ネタのエントリー記事を書き上げるうちに戻ってきました(笑)

届いたハードディスクを確認すると、ラベルが変わっていました。

RMS保証制度で良品ハードディスクに交換されて戻ってきた!

通常、「WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Blue WD20EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm」のハードディスクには青いラベルが貼られているのですが、交換されて戻ってきた「WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 2TB WD Blue WD20EZRZ/AFP SATA3.0 5400rpm」のハードディスクは白色のラベルとなります。

これは1回目に交換したハードディスクも同様に白色のラベルとして戻ってきたので、RMS保証制度で交換された良品のハードディスクは、白色ラベルになると思われます。

本当はこのハードディスクをチェックするべきなのですが、面倒なのでこのままの状態で保管することにします。

次に他のハードディスクが故障した場合は、今回良品交換されたハードディスクを使いたいと思います(・∀・)ノ

輸送箱は保管しておきましょう!

なお、今回送られた輸送箱(段ボール箱)は、必ず取っておきましょう!

万一、今後ハードディスクが故障して発送する必要が生じた場合、この輸送箱(段ボール箱)を裏返して綺麗な面を使えば手間が掛からないので便利です( ^o^)ノ