【パズドラ】覚醒クシナダヒメに究極進化する!

シェアする

庇護の巫女神・クシナダヒメを究極退化する!

“庇護の巫女神・クシナダヒメ”を3体持っているのですが、その1体は先日“覚醒クシナダヒメ”設定が発表された直前に超究極進化させてしまいました(^^ゞ

ちょっと勿体ない気がするのですが、超究極進化したばかりの“庇護の巫女神・クシナダヒメ”を究極退化させて、改めて“覚醒クシナダヒメ”に究極進化し直すことにしました。

先ずは、“庇護の巫女神・クシナダヒメ”を、“献身の巫女神・クシナダヒメ”に究極退化させたいと思います。

究極退化 献身の巫女神・クシナダヒメ

献身の巫女神・クシナダヒメを究極退化する!

究極退化させた“献身の巫女神・クシナダヒメ”を、もう一段“稲田の女神・クシナダヒメ”に究極退化させたいと思います。

これで2段階の究極退化が完了しました。

究極退化 稲田の女神・クシナダヒメ

稲田の女神・クシナダヒメを改めて究極進化する!

それでは、2段階究極退化した“稲田の女神・クシナダヒメ”を改めて究極進化させたいと思います(・∀・)ノ

稲田の女神・クシナダヒメ

“覚醒クシナダヒメ”へ究極進化するための素材は、“翠光の月天花・かぐや姫”、“義愛の知将龍・カネツグ”、“木の宝玉”、“木の宝玉”、“光の宝玉”の5体です。

稲田の女神・クシナダヒメ 究極進化素材

先日のエントリー記事で、“翠光の月天花・かぐや姫”に究極進化したのは、この“覚醒クシナダヒメ”の進化素材として使うためでした。

“義愛の知将龍・カネツグ”も持っていなかったため“義信龍・ヨロク”から進化させようとしたところ“神秘の仮面”のストックがありませんした(・_・、)

「進化絢爛?」ダンジョンで“神秘の仮面”を手に入れて、“義信龍・ヨロク”から“義愛の知将龍・カネツグ”に進化完了です!

これで全ての究極進化するための素材が揃ったので、究極進化開始です!
稲田の女神・クシナダヒメ 究極進化へ

覚醒クシナダヒメ 究極進化完成!

覚醒クシナダヒメ 究極進化完成!

“覚醒クシナダヒメ”に究極進化完成しました!

その“覚醒クシナダヒメ”と超究極進化の“庇護の巫女神・クシナダヒメ”を比較してみました。

先ずは、タイプと属性から見てみると、

神/回復/攻撃タイプで木/木属性の“庇護の巫女神・クシナダヒメ”、一方、回復/ドラゴンタイプで木/光属性の“覚醒クシナダヒメ”との違いとなり、両者に共通されるのは、回復タイプと木属性であること。

“覚醒クシナダヒメ”には神タイプが無く、構成するパーティーによっては制限されるかもしれません。

そう言った点では、トリプルタイプの“庇護の巫女神・クシナダヒメ”の方が良いですね。

次に、ステータスであるHP、攻撃力、回復力の最大値を比較してみました。

“庇護の巫女神・クシナダヒメ”は【HP:2805、攻撃力:1732、回復力:640】となり、一方の“覚醒クシナダヒメ”は【HP:4305、攻撃力:1632、回復力:610】となっています。

この中で目が引くのが“覚醒クシナダヒメ”のHPの最大値でしょう。

HP以外の攻撃力と回復力の最大値についてはあまり違いが無く、ステータスに関しては“覚醒クシナダヒメ”が良いですね。

次に、覚醒スキルを比較してみました。

9個(木ドロップ強化 / バインド回復 / 回復ドロップ強化 / スキル封印耐性 / 操作時間延長 / 木属性強化 / 自動回復 / 木ドロップ強化 / スキルブースト)の覚醒スキルを持つ“庇護の巫女神・クシナダヒメ”と、8個(木ドロップ強化 / バインド回復 / 回復ドロップ強化 / スキル封印耐性 / 操作時間延長 / スキルブースト / バインド耐性 / バインド耐性)の覚醒スキルを持つ“覚醒クシナダヒメ”ですが、そこまでの違いは無いと思います。

次に、スキルを比較してみました。

“庇護の巫女神・クシナダヒメ”が【聡明なる神護(1ターンの間、受けるダメージをかなり減らす(75%減))】で、“覚醒クシナダヒメ”が【恵愛なる護念(1ターンの間、受けるダメージを激減。1ターンの間、1コンボ加算される)】となっていて、“覚醒クシナダヒメ”が上でしょう。

最後にリーダースキルを比較してみました。

“庇護の巫女神・クシナダヒメ”が【撫子の決心(3コンボ以上で攻撃力が上昇、最大10倍。スキル使用時、神タイプの攻撃力がほんの少し上昇(1.2倍))】で、“覚醒クシナダヒメ”が【撫子の赤心(5コンボ以上で攻撃力が上昇、最大13倍。落ちコンしなくなる)】となっており、使い易さで言うと、3コンボから有効になる“庇護の巫女神・クシナダヒメ”、パワーで見ると最大13倍の攻撃倍率を発揮することができる“覚醒クシナダヒメ”になるでしょう。

覚醒クシナダヒメについて

結論としては、今回のように“庇護の巫女神・クシナダヒメ”を2段階究極退化させて“覚醒クシナダヒメ”に改めて究極進化し直す必要は無いかなって感じがします。

それでも、体力の最大値が大幅に上昇したり、バインド耐性が追加されことで、サブとしての使い勝手は向上しているので今後は“覚醒クシナダヒメ”に究極進化した方が良いでしょう。

一つ注意する点が有って、この“覚醒クシナダヒメ”は「落ちコンしなくなる」リーダースキルが初めて実装されたモンスターでも有ります。

この「落ちコンしなくなる」リーダースキルは、パズドラWで採用されていて使い難いため、リーダーとしては遠慮したいところです。

今後「落ちコンしなくなる」のリーダースキルが、他のモンスターにも採用されると思うのですが、それも嫌ですね(笑)

覚醒クシナダヒメ

ブログランキング参加中、ご協力(クリック)お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
広島ブログ

スポンサーリンク
プレミアム バンダイ
プレミアム バンダイ

シェアする

フォローする