Windows 10 Annivesary Updateを適用する!

ご存じの通り、先日Windows 10にとって2回めの大型アップデート「Windows 10 Annivesary Update」が開始されました。

と言う事で、メインPC、セカンドPC、リビングPC、子供用PC(富士通製ノート)の各PCに「Windows 10 Annivesary Update」を適用させ無事完了しています。

今回のアップデート「Windows 10 Annivesary Update」は、多くの改善と機能追加が施されて進化したWindows 10になっているようです。

その中でも今回のアップデートでの目玉となる

・Windows 10 PC と Xbox One 本体の両方でプレイ可能となる「Xbox Play Anywhere」
・ペンの特性を引き出すワークスペース「Windows Ink」
・生体認証をアプリやWebで可能となる「Windows Hello」
・各国の文化や風習を取り入れて成長した「Cortana」
・より使いやすいWebブラウザに進化し拡張機能(Extension)をサポートした「Microsoft Edge」

の改善、追加機能は、自分にとってあまり関係無いですけどね(^^ゞ

詳しくは、Microsoft公式Blogの【新ビデオシリーズ「今週のWindows」の特集はWindows 10 Anniversary Updateです】辺りで確認してみて下さい。

まだ自動アップデートでは開始されていないため、アップデートを行うには手動アップデートで行う必要が有ります。

手動アップデートの方法は、

「更新とセキュリティ」のWindows Updateから「詳細情報」を選択。

Windows 10 Annivesary Update

Windows 10 の更新履歴 Windows 10 Anniversary Update がブラウザで表示されるので、「Anniver Update を入手する」を選択。

Windows 10 Annivesary Update

【Windows10Upgrade28084.exe】がダウンロードされます。

ダウンロードした【Windows10Upgrade28084.exe】を実行すると、「Windows 10 更新アシスタント」が実行され Windws 10 の最新バージョンへのアップデートが始まります。

Windows 10 Annivesary Update

Windows 10 Annivesary Update

Windows 10 Annivesary Update

Windows 10 Annivesary Update

後は指示に従って進めて行くだけで時間は多少掛かりましたが、特に問題になるようなことも無くアップデートが完了しました。

「Windows 10 Annivesary Update」アップデート後は、特に動作等に関して気になる不具合等発生しておらず、引き続きWindows 10が快適に稼働しています(^。^)

スタート画面やタスクバーが地味に使い易くなっていたり、ライセンスがMicrosoftアカウントの紐付けに変更されていたり(ライセンスの範囲内であればシステムの構成を変更しても、再度オンライン認証が出来るハズ)など便利なっていることは間違いないようです。

Windows 10 Annivesary Update