お勧めスマホゲーム!キングスレイド
キングスレイド

【パズドラ日記】極醒の魔神爵・グレモリーに究極進化!(3体目)

シェアする

極醒の魔神爵・グレモリーに究極進化!

このエントリー記事は、“冥瞳の魔神爵・グレモリー”から“極醒の魔神爵・グレモリー”への究極進化について書いています。

冥瞳の魔神爵・グレモリー

手持ちの“冥瞳の魔神爵・グレモリー”を究極進化させたいと思います。

【パズドラ日記】極醒の魔神爵・グレモリーに究極進化!(3体目)

冥瞳の魔神爵・グレモリーの究極進化パターン

“冥瞳の魔神爵・グレモリー”の究極進化パターンは、

  • 悪魔/バランス/神タイプで闇属性の“黙瞳の魔神爵・グレモリー”(2017年8月10日設定)
  • 悪魔/体力/神タイプで闇/木属性の“嬉瞳の魔神爵・グレモリー”(2017年8月10日設定)
  • 悪魔タイプで闇/木属性の“極醒の魔神爵・グレモリー”(2018年5月26日設定)

の3種類となっています。

【パズドラ日記】極醒の魔神爵・グレモリーに究極進化!(3体目)

現在の所有状況は、

  • “黙瞳の魔神爵・グレモリー”×1体
  • “嬉瞳の魔神爵・グレモリー”×0体
  • “極醒の魔神爵・グレモリー”×2体

となっています。

この3種類の中では、“極醒の魔神爵・グレモリー”が一歩優れています。

ただ“黙瞳の魔神爵・グレモリー”と“嬉瞳の魔神爵・グレモリー”も決して悪いわけではないので、この辺り自分の今の状況に合わせて進化させるべきでしょう。

と言う事で、今回、3体目となる“極醒の魔神爵・グレモリー”に進化させることにしました。

冥瞳の魔神爵・グレモリーを究極進化する!

“冥瞳の魔神爵・グレモリー”を“極醒の魔神爵・グレモリー”に究極進化するための進化素材は、“ダイヤドラゴンフルーツ”、“古代の碧神面”、“デビリット”、“闇の宝玉”、“木の宝玉”の5体です。

それでは、究極進化開始します!

【パズドラ日記】極醒の魔神爵・グレモリーに究極進化!(3体目)

究極進化させることでスキル内容が変わるため、それに伴いスキルレベルが1に戻ります。

【パズドラ日記】極醒の魔神爵・グレモリーに究極進化!(3体目)

極醒の魔神爵・グレモリー 究極進化完成!

“極醒の魔神爵・グレモリー”に究極進化完成しました!

【パズドラ日記】極醒の魔神爵・グレモリーに究極進化!(3体目)

“極醒の魔神爵・グレモリー”に究極進化したことによって、タイプが悪魔/バランス/神タイプから悪魔タイプに、属性が闇属性から闇/木属性にそれぞれ変わっています。

ステータスについては、攻撃力の最大値(2001)、回復力の最大値(700)が上がり、逆にHPの最大値(4702)は下がっています。

また、「レベル限界突破」に対応しており、更にステータスの値を上げることが可能です。

覚醒スキルは、合計9個のままで数としては変わっていませんが、内容(スキルブースト / スキルブースト / スキル封印耐性 / 操作時間延長+ / バインド耐性 / バインド耐性 / L字消し攻撃 / L字消し攻撃 / L字消し攻撃)が変わっています。

設定可能な超覚醒スキルは「L字消し攻撃」「コンボ強化」「追加攻撃」の3種類です。

スキルは【ディアーワード(左端縦1列を闇に、右端縦1列を回復ドロップに変化。バインド状態と覚醒無効状態を2ターン回復。)】にパワーアップしています。

リーダースキルは【宝探の純魔心(悪魔タイプの攻撃力と回復力が2倍。スキル使用時、攻撃力が2倍。回復の5個十字消しでダメージを半減、攻撃力が5倍。)】にパワーアップしています。

付けられる潜在キラーは、「神キラー」のみです。

極醒の魔神爵・グレモリーについて

【パズドラ日記】極醒の魔神爵・グレモリーに究極進化!(3体目)

“極醒の魔神爵・グレモリー”をリーダーとした場合、攻撃タイプに対し最大攻撃倍率20倍(リーダーフレンドと合わせた最大攻撃倍率400倍)の攻撃火力を出すことができます。

但し、スキル使用時の制限があるため、スキルを使用しない場合の攻撃倍率は10倍となります。

“極醒の魔神爵・グレモリー”の特徴として、3個のL字消し攻撃(自分と同じ属性のドロップ5個をL字型に消すと攻撃力がアップし、盤面のロック状態を解除する)の覚醒スキルが備わっているので、L字消し攻撃と相性のいいパーティーに採用したいところです。

また、最短8ターンで発動することができるスキル(左端縦1列を闇に、右端縦1列を回復ドロップに変化。バインド状態と覚醒無効状態を2ターン回復。)も使い勝手が良く、魅力的なスキルとなっています。

PayPay Android対応アプリ PayPay iOS対応アプリ

ー お知らせ ー
【パズル&ドラゴンズ日記】【レビュー記事】以外のエントリー記事は、
2019年1月から別ブログの ZMASAa.blog で掲載しています。
ブログランキング参加中、ご協力(クリック)お願いします!

   


 

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク