ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

先日の「FW GUNDAM CONVERGE #07 No.159 AMX-003-3 QUBELEY Mk-II[PLE-TWO’S CUSTOM](キュベレイMk-II プルツー機)」に続いて、ガンダムコンバージ41個目の開封です。

今回開封したガンダムコンバージは、先日イオンでプライス価格で販売されていた「FW GUNDAM CONVERGE #04 No.141 PMX-002 BOLINOAK-SAMMAHN(ボリノーク・サマーン)」です。

今回開封した「FW GUNDAM CONVERGE #04」のラインナップは、

  • ストライクフリーダムガンダム
  • ガンダムデュナメス
  • ベアッガイIII(さん)
  • ボリノーク・サマーン
  • ギラ・ドーガ(レズン専用機)
  • ジェガン(エコーズ仕様)

の6種類の機体となっています。

今回購入したPMX-002 BOLINOAK-SAMMAHN(ボリノーク・サマーン)とは、

パプテマス・シロッコが開発に携わったPMX系モビルスーツの1機です。

索敵や偵察行動に特化した仕様で、頭頂部には大型レドームを、左腕部にはレーザーセンサーを標準装備しているのが特徴。

主武装として近接格闘用のシザースクローを装備しています。

別タイプのPMX系モビルスーツであるPMX-003 ジ・O、PMX-001 バラス・アテネとの同時運用を想定しており、最初にボリノーク・サマーンが敵の情報を調査、次にパラス・アテナが遠距離攻撃、そして最後にジ・Oの格闘能力で敵を倒すと言う3機の連携によってその性能を最大限に発揮できたモビルスーツです。

ボリノーク・サマーンは、機動戦士Zガンダムでシロッコが登場したティターンズ所属の機体として運用され、ザラ・ザビアロフがパイロットを務めた。

しかし、このボリノーク・サマーンは出撃一回目でいきなりカツが登場したGディフェンサーのビームが貫通し爆散しています。

と言うことで、ちょっと残念なモビルスーツでした( ̄。 ̄;)

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!

ガンダムコンバージ 41個目 ボリノーク・サマーンを開封する!