今年の年賀状作成のためのプリンターを調達する!

使用中のEPSON カラリオ PM-A950

我が家で使っているメインのプリンターは、EPSON カラリオ PM-A950になります。

今年の年賀状作成のためのプリンターを調達する!

そのEPSON カラリオ PM-A950の発売日は2005年10月と言うことで、かれこれ10年ぐらい使っているプリンター(A4複合機)です(^^ゞ

そんなに使っているのか~って改めて関心するわけですが(笑)、我が家の場合プリンターを使う機会が少ないのでこれまで使って来られたのだと思います。

年賀状を印刷する時ぐらいですからね。

しかし、流石に調子が悪くなってきている訳で・・・。

昨年の年賀状作成時には、何度か動作しなくなったりして騙し騙し使ってきたので、そろそろ完全に動かなくなっても不思議ではないです(´・_・`)

ただ年賀状作成時期に使えなくなるのは困るので、今のうちに新しいプリンターを調達しておくことにしました(・∀・)ノ

プリンターの購入を検討する!

今のEPSON カラリオ PM-A950は、リア給紙が出来ることも有ってこれまで長い間使ってきました。

ハガキで有れば、最大50枚をリアのトレイから給紙することが可能です。

リア給紙方式とフロント給紙方式を比較した場合、フロント給紙方式だと用紙がロール回転して戻ってくる機構のためどうしても用紙がたわんでしまいます。

その点、リア給紙方式だと用紙が真っ直ぐに進むため用紙がたわむ心配はありません。

特にハガキのような厚めの用紙だと特にそうなってしまいますね。

昔はリア給紙方式のプリンターが多かったのですが、ここ最近プリンターのコンパクト化に合わせてフロント給紙方式ばかりになってしまい購入する気力が出てきません。

そのような状況の中、昨年Canonがリア給紙に対応したプリンターを発売してきました。

それでもハガキの給紙可能枚数は、40枚と若干少なめです。

今年のEPSONの死んで盛るに期待したのですが、フロント給紙方式のプリンターのみでした(>_<)

これまでプリンターと言えばEPSONばかり使ってきた自分は、ちょっと残念ですね(・_・、)

Canon PIXIUS シリーズに的を絞る!

と言うことで、Canonのプリンターに的を絞り購入を検討することにしました。

今年のCanonのプリンターのラインナップを見てみると、昨年の型のマイナーチェンジ的なプリンターとなっており、デザインもほぼ一緒です。

今回Canonから新発売となった定番のプリンターのラインナップは、PIXUS TS8130、PIXUS TS6130、PIXUS TS5130の3機種となります。

順番的にハイスペックモデルのPIXUS TS8130、スタンダードモデルのPIXUS TS6130、エントリーモデルのPIXUS TS5130の位置づけとなっています。

我が家での使用目的からして、エントリーモデルのPIXUS TS5130でも十分なのですが、長女が高校の写真部で良い写真が撮れたら印刷したいと言う希望も有り、そうなるとスタンダードモデルのPIXUS TS6130以上のモデルが必要になってくるでしょう。

そこで、昨年発売されたモデルも購入検討に入れることにしました。

Amazon.co.jpで確認すると、昨年発売されたモデルはPIXUS TS8030、PIXUS TS6030、PIXUS TS5030の3機種が販売されていました。

そうなると、一番お買い得感が有るのは、昨年のモデルであるハイスペックモデルのPIXUS TS8030になるでしょう。

今年の年賀状作成のためのプリンターを調達する!

プリンターを購入する!

長女がどれだけ使うか分かりませんが、今回は昨年のモデルであるハイスペックモデルのPIXUS TS8030に購入決定です!( ・`ー・´) + キリッ

ボディカラーは、ブラウン、ブラック、ホワイト、レッドの4色有り、これも長女の希望でレッドになりました。

Amazon.co.jpでCanon PIXUS TS8030 レッドを一番安く販売しているPCDEPOT(販売、発送)と言うところが、若干不安を感じるところであるのですが( ̄。 ̄;)

通常4~5日以内に発送するとのことだったのですが、翌日には発送されていました。

と言うことで、注文3日後に佐川急便で無事到着しました( ^o^)ノ

今年の年賀状作成のためのプリンターを調達する!

今年の年賀状作成のためのプリンターを調達する!

と言うことで、続く。。。