MonoMax 2017年10月号を購入する!

MonoMax 2017年10月号を購入する!

今月号も悩んだのですが、フタバ図書のフォレカのポイントも有ったこともありMonoMax 2017年10月号購入しました( ^o^)ノ

悩んだというのは、付録がどうも使い道が無さそうな感じがした訳で(笑)

MonoMax 2017年10月号を購入する!

MonoMax 2017年10月号の付録

今月号の付録は、「ジャーナル スタンダード レリューム 本革Wファスナー キーリング付き財布」で、コラボブランドは、「JOURNAL STANDARD relume(ジャーナルスタンダード レリューム)」となります。

MonoMax 2017年10月号を購入する!

この「ジャーナル スタンダード レリューム 本革Wファスナー キーリング付き財布」は、Wファスナー仕様でキーケースと財布部分に分かれている小物入れアイテムとなります。

表面の生地には本革を採用し高級感を出しています。

では、詳しく「ジャーナル スタンダード レリューム 本革Wファスナー キーリング付き財布」を見ていきます。

MonoMax 2017年10月号を購入する!

ジャーナル スタンダード レリューム 本革Wファスナー キーリング付き財布を確認する!

今回も本革をキーワードにしてきた感じですね。

そこまで本革に拘らなくても良いようなきがするのは自分だけでしょうかσ(^◇^;)

サイズは、約横幅11.5cm × 高さ7cm × 奥行き2.5cmとなっており、自分が予想していたものよりも大きめなサイズでした。

MonoMax 2017年10月号を購入する!

MonoMax 2017年10月号を購入する!

キーケース部分は、キーリングが4個有り、クルマや家などのキーを4個付けることができます。

MonoMax 2017年10月号を購入する!

また、クルマのスマートキーも十分に入る大きさとなっています。

MonoMax 2017年10月号を購入する!

カードスリット2箇所が装備されており、カードを収納することも可能です。

MonoMax 2017年10月号を購入する!

次に財布部分を見ていくと、じゃばら式の開閉で開けやすい構造となっています。

小銭用、お札用、カード用と収納箇所が3箇所に分かれているので、とても使いやすいと思います。

MonoMax 2017年10月号を購入する!

ジャーナル スタンダード レリューム 本革Wファスナー キーリング付き財布について

これを財布として常用するのは小さい過ぎるし(お札は三つ折りにしないと収納できない)、かと言って常にキー入れとして使うには大きすぎるしと言った感じで、中途半端かなと言うのが私の感想です。

また、サイド側にシルバーのフックが付いており、これをベルト通しに掛けたりする事が出来るのですが、このフックの長さが短い!もう少し長ければ使い勝手が向上したと思います。

MonoMax 2017年10月号を購入する!

外観は、大変綺麗に仕上がっています。

本革感を十分に感じさせる出来で、光沢感やシボ加工が綺麗だと思います。また、ツルツルとした手触りも良い感じです。

また、外装のブランドロゴ「JOURNAL STANDARD relume」の刻印も良い雰囲気を醸し出しています。

MonoMax 2017年10月号を購入する!

全体的に、作りは非常に良くしっかりとした感じで、Wファスナーもスムーズに動き耐久性は期待できるでしょう。

と言うことで、クオリティ的には満足なアイテムなのですが、使い勝手のについては不満が残ると言ったところです(・∀・)ノ