Logicool スピーカーシステム Z623を設置する!

シェアする

Logicool Bluetooth スピーカー Z600WHの不具合

昨年11月下旬にメインPCで使っているスピーカー「Logicool Bluetooth スピーカー Z600WH」の電源ボタンの入りが悪くなって、電源を入れようとするとONにならない不具合がしばしば発生するようになってしまいました(・_・、)

Logicool Bluetooth スピーカー Z600WH

Logicool Bluetooth スピーカー Z600WH

ロジクールの3年保証期間内と言うことで、ロジクールのサポートセンターに連絡してみたところ保証対応として交換して頂けることになりました( ^o^)ノ

流石ロジクールの長期保証です!

エレコムなどのメーカーも是非見習って欲しいです!

しかし、残念なことに「Logicool Bluttooh スピーカー Z600WH」は生産中止品のため在庫無しだそうで、しかも後継機種も無く・・・。

その代わりの機種として提示されたのが「Logicool スピーカーシステム Z623」です。

この「Logicool スピーカーシステム Z623」と故障した「Logicool Bluetooth スピーカー Z600WH」とでは全くコンセプトが違うスピーカーです。

「Logicool Bluetooth スピーカー Z600WH」は、独特な縦長の綺麗な形をしたスピーカーで、且つ、Bluetooth式のため配線要らずで気兼ねなく自由に設置することができ、音質的にも満足出来るスピーカーです。

今回ご提案頂いた「Logicool スピーカーシステム Z623」は、大きなサブウーファー(高さ284mm × 幅305mm × 奥行き266mm)付きで、普通にコード接続するため設置場所などの問題も有り設置については色々と検討する必要が有りそうです。

それでも「Logicool スピーカーシステム Z623」は、現在Logicoolのスピーカーのラインナップの中で一番グレードの高いスピーカーと言うことで了承することにしました。

代替品 Logicool スピーカーシステム Z623 到着する!

約1ヶ月後に「Logicool スピーカーシステム Z623」が到着。

かなり大きなパッケージです。

Logicool スピーカーシステム Z623

現状では約30cmの立方体のサブウーファーを設置する場所が無いので保留しておいたのですが、年末の大掃除の時に意を決して設置することにしました!( ・`ー・´) + キリッ

Logicool スピーカーシステム Z623

Logicool スピーカーシステム Z623

Logicool スピーカーシステム Z623

Logicool スピーカーシステム Z623

Logicool スピーカーシステム Z623

Logicool スピーカーシステム Z623

Logicool スピーカーシステム Z623を設置する!

スペースの関係上PC用のスピーカーとして大きなスピーカー(サブウーファー含む)を設置するのってなかなか難しいと思います。

今まで小物入れにしていた場所を拡大して、そこに何とかサブウーファーを押し込めました。

Logicool スピーカーシステム Z623

配線は、USBオーディオインターフェースの「Creative Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 SB-XFI-GPR2」経由で接続しました。

今まで配線する必要の無いBluetooth式だったので、今回の配線が非常に面倒だったりしますが、それでも設置&配線が完了しました。

Logicool スピーカーシステム Z623

Logicool スピーカーシステム Z623

Logicool スピーカーシステム 稼働

今まで「Logicool Bluttooh スピーカー Z600WH」は縦細長だったのでモニターの後ろに設置していたのですが、今回の「Logicool スピーカーシステム Z623」のサテライトスピーカーは、モニターの左右になんとか設置することができました。

しかし、サテライトスピーカーは丸みを帯びた普通のスタイルになってしまったので、パッと見安っぽいスピーカーに見えます(笑)

その点「Logicool Bluttooh スピーカー Z600WH」のスタイルは、斬新な形状でかなりお気に入りでした。

また、「Logicool Bluttooh スピーカー Z600WH」のカラーはホワイトだったが、今回の「Logicool スピーカーシステム Z623」はブラックなので、これについては周辺の機器と統一感が出たのはプラス面です。

右サテライトスピーカーに、電源、音量、低音をコントロールする各大きなボタンが付いているので操作し易く、その他にも右サテライトスピーカーには、ヘッドフォンジャックと補助ジャックが付いており何かと便利な構造となっています。

肝心の音質ですが、「Logicool Bluttooh スピーカー Z600WH」よりも確実に良いサウンドを奏でています!(@_@)

サブウーファーによる力強い低音とサテライトスピーカーによる綺麗な中高音が良いです!

正直、パソコン専用のスピーカーとしては勿体ないくらいです。

左サテライトスピーカーの位置が若干下がってしまうので、ダイソーで買ってきたケースで高さを調整しておきました。

Logicool スピーカーシステム Z623

最後に

PC用のスピーカーとして「Logicool スピーカーシステム Z623」は、PC周りにスペースが有れば良い選択だと思います。

しかし、なかなか設置場所が難しい気がしますね。

音質的にはかなり満足できるスピーカーシステムなのですが、自分が購入する場合には、やはり設置場所や手軽さの事を考えてサブウーファー無しのスピーカーを選択する可能性があります。

でも、「Logicool スピーカーシステム Z623」が加わった事で、PC周辺の満足度がアップしました( ^o^)ノ

Logicool スピーカーシステム Z623