パズドラ究極進化 清杖の龍機神・バルボワ

昨日から“鋼杖の龍機神・バルボワ”の究極進化が設定されたので、早速究極進化してみました。

鋼杖の龍機神・バルボワ

今回、“鋼杖の龍機神・バルボワ”の究極進化が設定されたパターンは、

・ドラゴン/マシン/神タイプで木/水属性の“清杖の龍機神・バルボワ”
・ドラゴン/マシンタイプで木属性の“鋼書の龍機神・バルボワ”

の2パターン有ります。

“清杖の龍機神・バルボワ”に究極進化するための素材は、”森の番人”、“虹の番人”、“進化の碧神面”、“ダブサファリット”、“ダブミスリット”の5体。

“鋼書の龍機神・バルボワ”に究極進化するための素材は、“森の番人”、“虹の番人”、“古代の碧神面”、“古代の碧神面”、“グリーンドラゴンフルーツ”の5体。

鋼杖の龍機神・バルボワ 究極進化素材

究極進化素材の難易度は、“鋼書の龍機神・バルボワ”の方が上ですね。

と言う事で、“鋼書の龍機神・バルボワ”に究極進化する方が良いのでは?って思うところなのですが、ここは究極進化後にサブとして使うのか、リーダーとして使うのかによって究極進化を決めるべきでしょう(・・)(。。)

サブとして使うのであれば、神タイプ、水属性、バインド回復(2個)とバインド耐性が追加された“清杖の龍機神・バルボワ”。

一方、リーダーとして使うのであれば、最大火力が7倍となった“鋼書の龍機神・バルボワ”。

その観点から自分の倉庫を見てみると木属性でリーダーになるモンスターは少ないのですが、ここは敢えて“清杖の龍機神・バルボワ”に究極進化することにしました。

“鋼書の龍機神・バルボワ”の最大火力7倍は、このご時世リーダーとしては普通って感じで、そこまでの魅力が無いですよね(^^ゞ

その点、サブとしてオールマイティに使えそうな“清杖の龍機神・バルボワ”の方が魅力に感じます。

鋼杖の龍機神・バルボワ 究極進化へ

清杖の龍機神・バルボワ 究極進化完成!

“清杖の龍機神・バルボワ”に究極進化したことによって、タイプはドラゴン/マシンタイプからドラゴン/マシン/神タイプのトリプルタイプに、属性は木/水属性のままで変化無しとなっています。

また、HP、攻撃力、回復力の全ての最大値が大幅に上昇しています。

覚醒スキルは、5個から3個増えて合計8個(スキルブースト / スキルブースト / スキル封印耐性 / 攻撃キラー / 神キラー / バインド回復 / バインド耐性 / バインド耐性)に増えています。

スキルは【アストレイミスト(1ターンの間、敵の防御力が0になる。1ターンの間、受けるダメージを半減)】のままで変化無し、リーダースキルも【ハーミットソウル(木属性の攻撃力と回復力が2倍。木水の同時攻撃で攻撃力が3倍)】のままで変化無しとなっています。

“清杖の龍機神・バルボワ”が加わったお陰で、木パーティーのサブメンバーの充実度が高まってきました。

あとは木パーティーのリーダーが確定すれば使えるようになるのですが、取りあえず“転生ラー”にリーダーして貰っても良いかも(´▽`)ノ

清杖の龍機神・バルボワ