GUNDAM CONVERGE 31個目 Re-GZ(リ・ガズィ) を開封する!

GUNDAM CONVERGE(ガンダムコンバージ) 31個目開封です。

今回開封したGUNDAM CONVERGEは、82 RGZ-91 Re-GZ (ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ)です。

Re-GZ(リ・ガズィ)は、アナハイム・エレクトロニクス社が開発した半可変試作モビルスーツで、MSZ-006 Ζガンダムの量産化を目指して開発された機体の1つ。

MSZ-006 Zガンダムから可変機構をオミットしたモビルスーツで、機体名のRe-GZ(リ・ガズィ)は「Refind Gundam Zeta(リファイン・ガンダム・ゼータ)」の略称になっています。

可変機構を排除した代わりに、オプションパーツとしてBWS(バック・ウェポン・システム)を用意しており、装備時には宇宙戦闘機形態への移行が可能となっていました。

Re-GZ(リ・ガズィ)は、第2次ネオ・ジオン戦争時にロンド・ベルに配備され、アムロ・レイやケーラ・スゥ、チェーン・アギが搭乗し、U.C.0096 に勃発した『ラプラスの箱』を巡る争乱その姿が(ほんの一瞬だけ)確認されています。実際に運用されていたかは不明ですが(^^ゞ

劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の中で、シャアからは「情けないモビルスーツ」「おもちゃ」と呼ばれ、ギュネイ・ガスからは「ガンダムもどき」と呼ばれていた事の記憶がある方も多いかと( ̄。 ̄;)

と言う事で、自分の場合 Re-GZ(リ・ガズィ)は決して嫌いでは無いモビルスールなのですが、劇中ではちょっと可哀想なモビルスーツですな(´・ω・`)

※下記画像は、後日 Flickr にアップしますので、大きなサイズ(2048×1536)は、Flickr で(´▽`)ノ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ

ガンダムコンバージ 82 RGZ-91 リ・ガズィ