Anker製の10ポートUSBハブに買い換える!

USBハブ 買い換え

先日購入したばかりの『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』ですが、通電が無くなると電源ボタンの保持が切れてしまうため、パソコンの電源を入れると同時に『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』の電源を入れ直す必要があることと(そのためつい電源投入を忘れてしまう)、何故かパソコン側のUSB2.0ポートがOS起動するまで使えないと言う点が使いにくいため、仕方なく短期間で買い換えを決意しました。

次に購入するUSB3.0ハブは、この『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』購入検討時候補として上がっていた『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』に決定です!

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ 到着

Amazon.co.jpから到着です。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker製品は、USB充電器やモバイルバッテリーなどを使っているのですが、今回の『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』もAnker製品らしいオシャレなパッケージとデザインとなっています。

早速開封してみました(´▽`)ノ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

パッケージの内容は、

 ・USB3.0 ハブ 本体
 ・12V/5A ACアダプタ
 ・ACアダプタケーブル
 ・0.8m USB3.0 ケーブル
 ・取扱説明書
 ・カード

の6点です。

Anker USB3.0ハブ 本体表面にはキズ防止のために保護テープが貼ってあります。

取扱説明書は、英語とドイツ語と日本語の説明が記載されています。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

いつものカードも付いてます(^。^)

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ 確認

USB3.0が7ポートと充電ポートが3ポートという点は、基本的に『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』と同じです。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

裏側は特に滑り止めなど施されていません。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

上側に電源端子とUSB端子が有ります。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

USB3.0 ハブ 本体はコンパクトですが、充電器は結構大きめです(´・_・`)

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

USBケーブルの長さは0.8mです。1mの長さが有れば自分的には良かったのですが・・・。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

Anker USB3.0ハブとAUKEY USB3.0ハブの比較

前回購入した『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』と、今回購入した『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』を比較してみました。

サイズは、『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』の方がコンパクトです。

ポートの配置は、

『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』は、上から充電ポートが3ポート、その下にUSB3.0ポートが7ポート。

『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』は、上からUSB3.0ポートが7ポート、その下に充電ポートが3ポート。

となっています。

『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』と、今回購入した『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』では、USB端子の向きが逆になっています。

正式には、『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』のUSB端子の向きが正しくて、『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』が逆だと思います。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

高さも『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』の方が若干低いです。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

電源端子は、『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』がサイド側に、『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』が上側に有ります。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』は、表面にテカリが施されていて高級感がありますが、その分キズ付きやすい感じですね(そのため最初は保護テープが貼っているでしょうね)。

一方、『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』の方は、プラスチックが前面に出ている感じなのですが、その分手軽に扱いやすいと言ったところでしょうか。

また、付属のUSBケーブルは、『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』が1m、『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』は0.8mとなっています。この20cmの差が結構大きかったりするですよね(^◇^;)

Anker 7+3ポート USB3.0 データハブ 設置

『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』から『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』に入れ替えました。

パソコンの電源投入共に、この『Anker 60W 7+3ポート USB 3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』も電源が入るため、いちいち電源を入れる面倒さが無くて楽です(当たり前!)。

Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ

最後に

今回『Anker 60W 7+3ポート USB3.0 データハブ PowerIQ内蔵3充電ポート搭載』に交換した訳ですが、やはりパソコンの電源と同時に通電されるのが楽で良いです(´▽`)ノ

『AUKEY USB3.0ハブ 10ポート(USB3.0 7ポート+充電 3ポート) CB-H18』が決して悪いUSBハブと言ったわけではなく、このUSBハブはどちらかというとノートパソコン向けと言った感じですかね。

と言うのも、電源スイッチが有って、サイド側に電源端子が有りノートパソコンに接続しやすい構造です。また軽くて傷付きにくさは、ノートパソコンと一緒に携帯して使うのにピッタリなUSBハブではないでしょうか(・・)(。。)