【WordPress】AmazonJS出力ソースに対してrel=”nofollow”を自動追記する

WordPressプラグイン Amazon JS

自分がエントリー記事中にAmazonアソシエイトを記載する場合、WordPressプラグインである「Amazon JS」を利用しています。

これを使うと簡単に指定する商品をAmazonアソシエイトとして、綺麗に掲載することが可能です。

但し、ここで注意が必要で、掲載したAmazonアソシエイトに対しては、Googleなどの検索エンジンがリンク先ページに遷移しないようにする必要が有ります。

通常アフィリエイトのリンクを貼っているとSEO対策で不利になってきます。

その対策として、WordPressプラグイン「Amazon JS」が出力したソースに対して「rel=”nofollow”」を追記します。

これによりGoogleなどの検索エンジンが、リンク先ページへ遷移することができなくなると言う訳です。

で、自分の場合これまで手動で「rel=”nofollow”」を追加したいのですが、手動で行うとたまに忘れることも有るわけで(^^ゞ

と言う事で、AmazonJSのソースを少し改造して、自動で「rel=”nofollow”」を追記されるようにしてみました。

対象のファイルは、wp-contentフォルダ → pluginsフォルダ → amazonjsフォルダ内に有る「media-upload-type-amazonjs.php」です。

この370行目辺りのソースに対して「rel=”nofollow”」を追記します。
(下のソースでは28行目)

これで自動で「rel=”nofollow”」が追加されるので、記述忘れも無く安心です!( ・`ー・´) + キリッ

なお、注意点としては、WordPressプラグイン「Amazon JS」のバージョンアップにより、「media-upload-type-amazonjs.php」のファイルが新しくなるとその効力は当然無くなるので、改めてソースを見直す必要があります。