ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを作り出して2ヶ月が経過!

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを購入して2ヶ月

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー IYM-012-Wを購入して2ヶ月が経ちました( ^o^)ノ

その間、2日に1回の割合でヨーグルトを作っています(妻が)。

1回のヨーグルト作りで、家族4人が毎朝食べる2日分のヨーグルトを作ることが出来ます。

この2ヶ月の間、失敗も何度か有って、出来上がったヨーグルトを確認してみると何故か固まっていないことも!(@_@)

全くヨーグルトが出来ていない訳でも無く、中途半端に固まって丁度飲むヨーグルトのような感じになったことが有りました。

現時点でのR1ヨーグルト作りの流れ

ここで改めて2ヶ月たった後のR1ヨーグルト作りの流れをまとめてみました。

ヨーグルトと牛乳の選択

使っているヨーグルトは、これは最初から変わらず「明治プロビオヨーグルト R-1」です。

明治プロビオヨーグルト R-1

まだまだインフルエンザの季節が続いているので、その対策効果があるR1ヨーグルトを選択です。

カップタイプのヨーグルトよりもドリンクタイプのヨーグルトの方が牛乳に浸透し易いので、「明治プロビオヨーグルトR1 ドリンクタイプ」を選択します。

次に牛乳ですが、特に銘柄などは決まっていません。

高い牛乳で有る必要も無いので、我が家では200円ぐらいの牛乳を使うことが多いです。

但し、ヨーグルト作りに適した成分無調整の牛乳を使っています。

牛乳を温める

冷蔵庫から取り出した牛乳は冷たいので、最初に電子レンジで温めて使っています。

電子レンジに牛乳パックを横にして2分間温めて、次に牛乳パックの上だった面を今度は下にして再び2分ほど温めています(合計4分)。

牛乳を温める

牛乳の量を調整する

「明治プロビオヨーグルト R-1」を牛乳入れる前に、「明治プロビオヨーグルト R-1」を入れる量だけ牛乳を取り出しておきます。

そうしないと「明治プロビオヨーグルト R-1」を牛乳に入れると溢れてしまうので(^^ゞ

牛乳の量を調整する

牛乳に砂糖を入れる

砂糖はR1ヨーグルト菌の餌になるため、牛乳に砂糖を入れています。そうすることでヨーグルト化し易いようです。

小さじ4杯ほどのグラニュー糖を牛乳に入れています。

牛乳に砂糖を入れる

グラニュー糖を入れた後に、ヨーグルトメーカー付属の長いスプーンを使ってかき混ぜます。

牛乳に砂糖を入れる

牛乳に明治プロビオヨーグルト R-1を入れる

1本の「明治プロビオヨーグルト R-1」の半分を牛乳に入れます。

牛乳に明治プロビオヨーグルト R-1を入れる

つまり1本の「明治プロビオヨーグルト R-1」で、牛乳パック2本分のR1ヨーグルトを作ることが出来ると言う訳です。

牛乳に「明治プロビオヨーグルト R-1」を入れた後は、ヨーグルトメーカー付属の長いスプーンを使って再び良くかき混ぜます。

そして牛乳パックの口のところをしっかりと抑えてよく振って、「明治プロビオヨーグルト R-1」が牛乳に満遍なく浸透するようにします。

ヨーグルトメーカーに牛乳パックを装着する

ヨーグルトメーカーに牛乳パックを装着する前に、牛乳パックの底面が平らになっているか確認します。

ヨーグルトメーカーに牛乳パックを装着する

もし牛乳パックの底が平らになってなければ出来るだけ平らにします。

と言うのも、ヨーグルトメーカーは底の面から温めているため、牛乳パックとヨーグルトメーカーの接地面が悪い場合、その温めが十分に伝わることが出来ずきちんとしたヨーグルトにならない可能性が有ります。

同様にヨーグルトメーカーの底にも異物等が無いか念のため確認します。

ヨーグルトメーカーに牛乳パックを装着する

我が家のヨーグルト作りで失敗したポイントは、牛乳パックとヨーグルトメーカーの接地面が悪かったため十分に温まらず、出来上がったヨーグルトを見ると中途半端な飲むヨーグルトのような仕上がりとなっていた可能性が有ります。

牛乳パックの底、ヨーグルトメーカーの底に異常が無いことを確認して、ヨーグルトメーカーに牛乳パックをセットします。

ヨーグルトメーカーに牛乳パックを装着する

ヨーグルトメーカーを設定する

R1ヨーグルトを作るためには温度設定を43度タイマーを8時間に設定します。

そのまま8時間放置して、R1ヨーグルトの完成を待ちます。

ヨーグルトメーカーを設定する

ヨーグルトメーカーを設定する

R1ヨーグルトの完成!

8時間経過後、無事にヨーグルトが完成しました。

R1ヨーグルトの完成!

R1ヨーグルトの完成!

このままでは温かいヨーグルトなので、この牛乳パックのまま冷蔵庫に入れて冷やしておいしく頂きます(@⌒~⌒@)

R1ヨーグルトの完成!

R1ヨーグルトの完成!

R1ヨーグルトの完成!

費用について考える

「明治プロビオヨーグルト R-1 ドリンクタイプ」を購入し続けた場合と、ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを作り続けた場合の費用の比較をしてみました。

「明治プロビオヨーグルト R-1 ドリンクタイプ」を購入し続けた場合は、家族4人で1日4本を消費することとなり、「明治プロビオヨーグルト R-1 ドリンクタイプ」をイオンで購入すると1本125円(税抜)なので、1日4人分の消費費用は500円(125円×4人分)となります。

一方、ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを作り続けた場合の費用は、牛乳パック1本が200円とした場合、牛乳パック1本が2日分なので、牛乳の1日4人分の消費費用は100円となります。

次に「明治プロビオヨーグルト R-1 ドリンクタイプ」1本で4日分なので、牛乳と「明治プロビオヨーグルト R-1 ドリンクタイプ」を合計した1日4人分の消費費用は100円+(125円/4日分)=131.25円となります。

これを1ヶ月(30日)の消費費用を計算すると、「明治プロビオヨーグルト R-1 ドリンクタイプ」を4人分1ヶ月購入し続けた場合は15,000円、ヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを作り続けた場合は3,938円となります。

なお、厳密に言えばヨーグルトメーカーでR1ヨーグルトを作り続けた場合には、電気代が必要となりますので電気代がプラスされます。

今回牛乳パック1本200円で計算しましたが、もっと安い牛乳パックを購入すればその費用はもう少し下がるでしょう。

効果の比較は兎も角として、1ヶ月10,000円以上の差となり、ヨーグルトメーカー購入分は直ぐに元が取れることになります( ^o^)ノ

最後に

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー IYM-012-Wを導入したお陰で、随分とリーズナブルにR1ヨーグルトを食べることが出来るようになりました。

お陰様で、家族全員インフルエンザのワクチン接種は行っていないのですが、今のところ家族4人共にインフルエンザにはかかっていません!( ・`ー・´) + キリッ


ブログランキング参加中、ご協力(クリック)お願いします!

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへにほんブログ村 ゲームブログ パズドラへにほんブログ村 コレクションブログ 食玩・おまけへブログランキング・にほんブログ村へ

40代

 
スポンサーリンク

プレミアム バンダイ

プレミアム バンダイ

シェアする

フォローする